2009-02-14から1日間の記事一覧

「近世大坂文人画の世界」展

芦屋市立美術博物館で開催中の標記の展覧会を見た。 江戸後期には、全国各地に漢詩人がいて詩盟が盛んだったのと同様に、書とともに文人のもう一つの重要な嗜みである画をよくする人も多かった。田能村竹田は『山中人饒舌』で「又漢画と称する者あり。亦数派…